地域の文化の違い

焼きたてのピザ

食文化は、多様です。

食文化の違いとよく話題になりますが、日本と他国というスケールの大きさで考えなくても身近なところで食文化は結構ちがいます。簡単なのが関東と関西のちがいです。 お正月のお雑煮といえば正月気分を感じる事のできるものですが、関東では焼いた四角の切り餅が一般的ですが、関西では焼いていない餅で、まるいものが一般的です。だしも関東はしょっぱい醤油系のものですが、関西では白みその甘い味が普通です。 お雑煮ではなくおでんでも、関東では塩辛い濃い口醤油の味付けが普通だと思いますが、関西ではだしを非常に大切にしていて、繊細な味付けなことがおおいです。私は醤油の味付けが好きで日本酒のおつまみとして考えているので、関東風のものがスキです。

同じ国でもけっこう違います。

ところてんと聞くと関東では酢醤油をかけておかずとして考えるのが普通です。関西では黒蜜をとろりとかけておやつとして食べるのが普通です。私は関西の人間なのですがおやつのつもりでところてんを頼んだら酸っぱい味がしてとても驚いてしまった事があります。色も近いので、食べるまで気づきませんでした。 すき焼きでも関東風では割り下をいれて砂糖と醤油で『煮る』のが普通だと思います。しかし関西では絶対に肉を『焼いて』から調理をはじめます。詳しい理由は分かりませんが、同じ国でもここまで食文化が違うというのも面白いものだと思います。 私は関西から関東に出てきたときに上記のような体験をしたりととても驚きました。しかし関東で生活していくうちにこちらの生活が慣れてきたので、食文化というのは生活に根ざしているものだなと思います。